ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:試合開始早々と試合終了間際にミス絡みで失点し、櫻川の得点で一時は同点も結果は連敗

西久保駿介選手「前節はフクアリで負けているので、勝点3を取るつもりで自分のできることを前面に出して、チームで勝ちにいきたいです」

2022年03月25日 12:41 by akanuma_keiko
2022年03月25日 12:41 by akanuma_keiko

2022年1月10日撮影

●西久保駿介選手:

Q:今日は自主練習を何かやったのですか。

「そうですね。クロス(ボール)を尹(晶煥)さんの指導の下でちょっとやりました」

Q:尹監督はどのようなアドバイスをしてくださったのでしょうか。

「前節(第5節・群馬戦)はクロス(ボール)がうまく上げられない部分があったので、『こうしたほうがいいよ』というのを教えてくれました」

Q:個人的にはクロス(ボール)のところはいつもどおり蹴ることができなかったという感じだったのですか。

「そうですね。いつもはフリーな状態だったら、ピンポイントで上げられるんですけど、相手が(自分のマークに)ついたりするとボールがブレたりするので、そこは今後の自主練習とか全体トレーニングの中で修正していきたいと思います」

Q:改めて、Jデビュー戦の緊張感だったり、フクアリで初めてプレーした時の喜びだったりを教えていただけますか。

「Jデビュー戦は(第2節で対戦相手が)琉球ということもあって、後半の途中から出るんだろうなと意識していたんですけど、後半の頭から出るということで、やっぱり急に(交代出場の機会が)来たので緊張しました。ホームのフクアリでのデビューの時も、やっぱりホームならではの緊張感があって、慣れるまでというか最初は緊張しましたけど、試合になったらもう関係ないと思って、思いっきりやりました」

Q:フクアリにはご家族などが見に来られたりしたのですか。

「そうです。両親が見に来ました」

Q:嬉しかったですか。

「そうですね。もう見て、(自分が)いいプレーをするだけでも(家族は)嬉しいと思うので、そこはプレーで恩返ししていきたいと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

尹晶煥監督「チームが今、なかなか勝てない状況の中で、後ろに下がるのではなくて、『ここでやってやろう』という気持ちが一番大事だと思う」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

新井章太選手「最近、リスク管理のところとか少し疎かになっていたイメージがあったので、そういうところを口酸っぱく言って修正はしたつもりではいるので。そこは本当に全員が共通意識を持って全員で守りたい」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)