ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:試合開始早々と試合終了間際にミス絡みで失点し、櫻川の得点で一時は同点も結果は連敗

田口泰士選手「試合の90分を通してのバランスというのは大事にしながらやっていきたい」

2022年03月25日 12:47 by akanuma_keiko

●田口泰士選手:

Q:前節(第5節・群馬戦)で田口選手は後半開始時からの出場でしたが、試合の前半をベンチからどのようにご覧になっていたのか、そして後半から出場する時に尹四黄監督からの指示も含めてどのようにプレーされようとしたのか、さらに試合の結果と内容について振り返って教えていただけますか。

「前半は、チームのやり方がうまくいっていなかったというのが、(ピッチの)外から見ていて思っていました。あのやり方というか、守備の仕方だとうまくボールは取れないというか、取りどころがないなというふうに思っていたんですけど、もちろん選手は戦術どおりというか、そういうふうにやっていたんです。でも、なかなかうまくいっていないなと思っていて、後半は(出場時に尹監督からは)僕が個人的に特別な指示は受けなかったですけど、ピッチに入って前線からもうちょっとプレッシャーに行ったほうがいいなというのは感じていました。だから、ピッチに入ってからはもう積極的にFWを前に行かせて。『後ろ(の選手)はもうちょっと上がってきてくれ』という話をしながら、相手に圧力をかけたことで後半の45分間はチームとしてうまくプレーができたと思います。

相手が下がったんじゃなくて自分たちが相手を下げさせたという45分間だったと思うので、攻撃もいいパターンがいくつも出ましたし、ボールも意図的に保持できて、あとはやっぱり決めきるというところが、まあ、これはいつも言っている気もしますけど、そこは課題かなと思います。本当にうまく勝点を拾ってきた中での敗戦だったので、すごく悔しいです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)