ジェフ便り

【千葉vs群馬】レポート:前半は前からのプレスがハマらずに失点し、後半は猛攻を仕掛けるも決定力不足で敗戦

風間宏矢選手「予想どおり引いてきた中でもとにかくそこを打開しようと思ってプレーしていました」

2022年03月21日 12:24 by akanuma_keiko

●風間宏矢選手:

Q:後半開始からの出場でしたが、出場にあたって心がけていたこと、尹晶煥監督から指示されたことなどを教えていただけますか。

「いや、特に指示されたことはなかったですけど、もうやることは点を取ってまず追いつくということしかなかったので、点を取りに行くということです。あとは、前半はなかなか攻めることができていなかったし、ボールも全然持てていなかったので。とにかく相手は引いて守ってくるだろうなと思っていましたけど、予想どおり引いてきた中でもとにかくそこを打開しようと思ってプレーしていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)