ジェフ便り

【金沢vs千葉】レポート:マークミスでのピンチをGKの好守に救われ、見木が奪った『1点』を守りきった勝利

新井章太選手「普段の準備ができるようになっているので、みんなも本当にストレスなく練習できている状態です」

2022年03月12日 10:04 by akanuma_keiko

2022年2月4日撮影(クラブ提供)

●新井章太選手:

Q:先週はいろいろとたいへんだったと思いますが、チームは落ち着いた状態になっているでしょうか。

「そうですね。普段の準備ができるようになっているので、みんなも本当にストレスなく練習できている状態です」

Q:そういった中で、金沢戦に向けて選手同士で話し合ったことはありますか。

「前節(第3節・山形戦)は相手に(ボールを)持たれる時間が長くて、カウンター攻撃一発で仕留められたらという試合展開でしたけど、次はそういうわけにもいかないので、勝ちに徹する姿勢というのをやっぱ出していかないといけないので、そういうところはみんなで意識してやっていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)