ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:苦境の中で出場機会を得た選手たちの奮闘もあり、無失点でつかみ取った貴重な勝点1

【千葉vs山形】レポート:苦境の中で出場機会を得た選手たちの奮闘もあり、無失点でつかみ取った貴重な勝点1

2022年03月09日 10:09 by akanuma_keiko
2022年03月09日 10:09 by akanuma_keiko

3月1日にクラブから新型コロナウイルス感染症の陽性判定者となった選手が3名、濃厚接触者と特定された選手が10名出たことが発表され、今節に向けての全体トレーニングがままならなかったことが想像された千葉。スタメンには新加入の佐々木翔悟やルーキーの西久保駿介、ベンチ入りメンバーにはルーキーの篠原友哉、加入2年目のブワニカ啓太といった若手選手が名を連ねた。フォーメーションを本来のダブルボランチの3-4-2-からアンカーシステムの3-1-5―1に変更し、山形の攻撃に対応しつつカウンター攻撃を狙いとしてゴール奪取を目指したが、結果はスコアレスドロー。『1点』を奪いきれなかったのは悔やまれるが、山形に決定機をほとんど作らせずに無失点に抑えた守備は評価に値するものだったし、つかみ取った勝点1は苦境に陥っていたチームにとっては大きなものとなった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)