ジェフ便り

【2022シーズン展望】昨季からの『継続』と新戦力がもたらす『上積み』がどれだけ早く結果につながるか

昨季からの『継続』と新戦力がもたらす『上積み』がどれだけ早く結果につながるか

2022年03月19日 11:14 by akanuma_keiko

2022年1月10日撮影

1月14日に新体制発表会見を行なうとともに、全体練習をスタートさせた千葉。1月24日からはすでに沖縄キャンプが始まっているが、新体制発表会見から見えてきたものから、現時点での今季の戦いでポイントとなると思われるものを考える。

新戦力がどれだけ早く戦術を習得できるか

昨季はシーズン終盤に13試合負けなし(8勝5分)と安定感を見せるようになった千葉。そんな状況下で、尹晶煥監督は2022シーズンこそは達成したいJ1昇格に向けて、どんな戦力が必要と考えていたのか。それが気になっていたため、筆者は前述の新体制発表会見で鈴木健仁ゼネラルマネージャー(以下GM)に「尹監督からは補強、選手の編成についてどのようなリクエストがあって、それに対する現時点での達成度はどんなものか」と質問させていただいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もっと速いワンタッチプレーとか、そういうものが必要になるんじゃないかなと思います」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

小林祐介選手「チームとして声をかけながら連動してボールを奪っていきたい」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

佐々木翔悟選手「熊本はちょっと難しいフォーメーション。最初は前から守備に行って、ハマらなかった時にチームの中でうまく修正できるかが鍵になる」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)