ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート:優勢の展開もサイドの守備の甘さと決定力不足で、2試合連続で追いつかれての引き分け

【琉球vs千葉】レポート:優勢の展開もサイドの守備の甘さと決定力不足で、2試合連続で追いつかれての引き分け

2021年11月15日 11:30 by akanuma_keiko

千葉にとっては2試合連続で悔やまれる結果に終わった、水戸と対戦した前節(第38節)では2-0とリードしながらも試合運びのまずさが出て、試合終了間際に2-2に追いつかれて引き分けた。琉球と対戦した今節も、対戦相手は千葉と同様にJ1昇格の可能性がなければ、J3降格の危機もなかったが、前節の水戸と同様に勝利への貪欲さをプレーで表現。千葉は試合の序盤から主導権を握り、得点機を作ったものの決めきれないうちに琉球に先制点を奪われた。だが、前半のうちに福満隆貴が同点ゴールを奪うと、後半開始早々に髙橋壱晟が追加点をゲットして逆転に成功。しかし、今節もまた相手の戦意を削ぐ『3点目』を奪う決定機をモノにできず、後半の半ば過ぎからは琉球に押し込まれて、前節と同じCKからの流れの中で同点ゴールを許してしまう。その後は前節に続いて勝ち越しゴールを奪えず、千葉は2試合連続で勝ちきれたはずの試合を引き分けで終えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)