ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート:優勢の展開もサイドの守備の甘さと決定力不足で、2試合連続で追いつかれての引き分け

髙橋壱晟選手「苦しい時間帯があった中で、そこで耐えきれなかったのが残念です」

2021年11月14日 14:18 by akanuma_keiko

〇髙橋壱晟選手:

Q:今日は琉球に先制されましたが、そのあとに髙橋選手のゴールで(2-1)とひっくり返して勝ちきれればという試合で、前節と同じように(2-2に)追いつかれてしまいました。試合を振り返ってどのように思われますか。

「苦しい時間帯があった中で、そこで耐えきれなかったのが残念です」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

見木友哉選手「二桁(得点)は1つの目標だったので、そこで二桁プラス4点というのはだいぶ自信にもなります」

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

末吉塁選手「(得点場面では)絶対にふかさないことを考えて、しっかり抑えて蹴りました」

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)