ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:勝利を引き寄せる『3点目』を奪いきれず、守備でミスが出て2-0から追いつかれる

【千葉vs水戸】レポート:勝利を引き寄せる『3点目』を奪いきれず、守備でミスが出て2-0から追いつかれる

2021年11月09日 11:24 by akanuma_keiko

55分に追加点を奪い、後半の早い時間に2-0と優位に立った千葉だが、サッカーでは『2-0』というスコアは危険だという考えがよく口にされる。点差が2点に広がったことで『1-0』の状況ほど緊張感がなくなり、逆に対戦相手は1点を返して1点差とすると「いける!」と考えて、攻撃に勢いが出がちになるからだ。その勢いをはね返せずに受ける形になってしまうと、2-2に追いつかれ、さらに場合によっては2-3と逆転されかねない。今節の千葉は逆転負けを喫することはなかったものの、90+5分に水戸に同点ゴールを許して、3を得るはずだった勝点が1となってしまった。2点を奪ったあとにも複数の決定機がありながら、水戸の勢いを挫く『3点目』を奪えなかったのも痛かったが、2失点目の場面では大きくクリアできずにシュートを打たせてしまったのも痛かった。試合後のオンラインでの記者会見で、尹晶煥監督は今節に対して「未熟な試合運び」という言葉で表現したが、8戦負けなしだった千葉ではあったが、したたかに戦える成熟したチームにはまだ成長できていないことを露呈した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)