ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:直近6試合は3分3敗で無得点の栃木戦を、ロングスローからの攻撃の得点で勝ちきる

【栃木vs千葉】レポート:直近6試合は3分3敗で無得点の栃木戦を、ロングスローからの攻撃の得点で勝ちきる

2021年11月04日 15:34 by akanuma_keiko

今節の前日である11月2日のオンラインでの取材で、尹晶煥監督は栃木に対しては千葉の監督就任以降、1分2敗と勝てていない相手であるため、今節では本当に勝ちたいと話していた。J2リーグでの栃木との対戦成績はあまり良くない印象があったが、実は2018年シーズンの第21節で1-0の勝利を収めて以来、3分3敗と6試合勝利なしのうえに、その6試合はすべて無得点だった。

勝てないだけでなく、『1点』を奪うことができていない難敵を相手に、今節は鈴木大輔が値千金の決勝ゴールを奪って1-0の勝利を収めた。今節の要警戒選手として尹晶煥監督も選手も名前を挙げていた栃木の豊田陽平や矢野貴章がスタメンから外れるという予想外の状況でスタートした一戦だったが、選手たちは『高さ』よりも『機動力』を重視した栃木の攻撃に粘り強く対応。無失点に抑えて守備の安定感を見せ、攻撃は流れの中からは決定機をなかなか作れず、セットプレーのチャンスをモノにできない時間が長かったが、『1点』を取りきって勝つ勝負強さを見せた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)