ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:直近6試合は3分3敗で無得点の栃木戦を、ロングスローからの攻撃の得点で勝ちきる

田口泰士選手「僕自身も勝点3を何が何でも奪い取るという強い気持ちをもっと持ってプレーしたい」

2021年11月02日 14:10 by akanuma_keiko
2021年11月02日 14:10 by akanuma_keiko

写真=2020年1月6日撮影

〇田口泰士選手:

Q:前節(第36節)の山口戦は前半の入りがすごく良くて、その時にすごくチャンスがあった中で決めていれば、楽に試合を運べたとは思うのですが、そのあたりについて改めて振り返っていただけますか。

「今、おっしゃったように、あそこで決めていれば、また試合展開も変わりましたし、もしかしたら楽なというか、自分たちのやりたいようなプレーというのを出せる展開になったのかなという気もしますね。そういうのも含めてサッカーだなというのをすごく感じましたし、90分で見れば、もちろん勝ちたかった、勝たなきゃいけなかった試合なんですけど、負けなくてよかったかなというふうに捉えたほうがいいのかなと思いますね」

Q:どうでしてなのですか。

「そのぐらい出来が悪かったというのがあるので」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)