ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:早い時間の先制点奪取も後半は大宮ペースで、見木が劇的な決勝ゴールを奪っての辛勝

【千葉vs大宮】レポート:早い時間の先制点奪取も後半は大宮ペースで、見木が劇的な決勝ゴールを奪っての辛勝

2021年10月19日 11:01 by akanuma_keiko

千葉にとっては本当に久しぶりの劇的なゴールでの勝利だった。しかも、最近の試合ではシュートを決められないばかりか、チャンスがあってもボールを下げてしまって結果的に遅攻になってしまい、シュートを打てずに終わるカウンター攻撃からだ。試合後のオンラインでの記者会見で、尹晶煥監督は「運が良かったところもある」と話した。だが、勝ち越しゴールを決めた見木友哉を評価することはもちろん、ダイレクトパスで決定機を演出した熊谷アンドリュー、そしてそのカウンター攻撃の場面で見木の横を激走してプレーの選択肢を増やした米倉恒貴の貢献についても口にした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】プレビュー:千葉と同じ12戦負けなしの岡山の堅守を破り、速くて流動的な攻撃に対応して守りたい

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)