ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:早い時間の先制点奪取も後半は大宮ペースで、見木が劇的な決勝ゴールを奪っての辛勝

【千葉vs大宮】プレビュー:得点力がアップした大宮に勝ちきるポイントは、複数得点と相手を自由にさせない守備

2021年10月16日 22:15 by akanuma_keiko

直近3試合はいずれも無失点で2勝1分という戦績で、前節(第33節)は町田とのアウェイゲームに臨んだ千葉。尹晶煥監督はスタメンでは初めてサウダーニャを2シャドーの右サイドで起用。だが、1トップの櫻川ソロモンとの連係はまだまだこれからという状態で、町田が前からプレスをかけてくる中、千葉は意図した形以外にも前線へ長距離のハイボールを入れざるを得ない場面もあった。だが、町田にボールを保持される時間が長くても粘り強く守り、公式記録での町田の前半のシュート数はゼロ。一方、千葉も前半の決定機はサウダーニャによる1回だけで、互いになかなか決定機まで作れずにいたが、74分、左サイドでの鈴木大輔と田口泰士のパス交換後、見木友哉が右サイドへ大きな展開のパスを出す。そのパスを受けた福満隆貴のクロスボールは、ゴール前の中央に入った櫻川を狙ったものだったが、町田の深津康太にマークされて櫻川はボールを触れない。しかし、クロスボールを処理しようとした町田のGKの福井光輝は深津とぶつかってクリアできず、ワンバウンドでファーサイドに流れてきたボールを見木が頭で押し込んで先制ゴールを奪取。これが決勝ゴールとなって1-0で千葉が勝ち、これで4試合連続無失点となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】プレビュー:千葉と同じ12戦負けなしの岡山の堅守を破り、速くて流動的な攻撃に対応して守りたい

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)