ジェフ便り

【千葉vs松本】レポート:出足の鋭い守備が機能して主導権を握り続け、シュート数18本も決定力不足で引き分け

【千葉vs松本】レポート:出足の鋭い守備が機能して主導権を握り続け、シュート数18本も決定力不足で引き分け

2021年10月05日 10:15 by akanuma_keiko

千葉は『1点』さえ取りきれれば勝てた試合だった。以前は出足の鋭いプレスに定評があった松本を上回る出足の良さで、セカンドボールを回収し、松本の選手へのパスをカット。松本が得意とするカウンター攻撃に粘り強く対応し、サイドの攻防でも優位に立って松本にCKを1本も与えなかった。その一方で、球際の激しい守備をするあまり、松本にFKのチャンスを何回か与えたが、その場面でも我慢強い守備を見せた。そして、逆に千葉は13本ものCKのチャンス、そしてFKのチャンスがあったし、流れの中からの決定機もあった。松本のGKの村山智彦が複数のファインセーブを披露し、松本の守備陣がペナルティエリア内でしぶとい守りを見せたとはいえ、少なくとも『1点』を取りきらなければならなかった。それができないところに千葉がJ1昇格を果たせない一因がある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)