ジェフ便り

【千葉vs松本】レポート:出足の鋭い守備が機能して主導権を握り続け、シュート数18本も決定力不足で引き分け

【千葉vs松本】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で松本を上回り、工夫のある攻撃で今季初の3連勝を狙う

2021年10月02日 18:24 by akanuma_keiko

 

群馬と対戦した前節(第31節)の千葉は、序盤は群馬のプレスを受けてなかなか前へボールを運べなかったが、次第に攻守でペースをつかむようになった。群馬のカウンター攻撃を警戒し、千葉が攻撃から守備に切り替わったところでは出足の鋭い寄せで、群馬の選手をマーク。試合を通して群馬にはカウンター攻撃からの決定機は1回しか作らせなかった。その一方で、サイド攻撃からのクロスボールで櫻川ソロモンに決定機があったものの決めきれず、ダブルボランチの攻撃参加も効果的に行なって田口泰士にも決定機があったが、群馬のGKの清水慶記の好守もあって『1点』が遠かった。しかし、86分、85分に櫻川に代わって入ったばかりの髙橋壱晟が、福満隆貴のクロスボールを群馬の清水がパンチングでクリアしたあとのこぼれ球を拾ってシュート。これが値千金のゴールとなって、前節(第30節・愛媛戦)に続いて千葉が1-0の勝利を収めた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)