ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:粘り強い守備で群馬が得意な攻撃を封じ、交代出場した髙橋の値千金の得点で勝ちきる

【群馬vs千葉】レポート:粘り強い守備で群馬が得意な攻撃を封じ、交代出場した髙橋の値千金の得点で勝ちきる

2021年09月27日 11:02 by akanuma_keiko

愛媛と対戦した前節(第30節)では、決定機を作りながらも得点はオウンゴールによる『1点』だけで、その『1点』を守って無失点勝利を収めた千葉。今節も決定機を作ったものの『1点』が遠い試合展開が続いたが、交代出場の髙橋壱晟が『1点』を奪い、2試合連続で1-0の勝利となった。2試合とも対戦相手に決定機を作られていたが、相手の決定力不足もあったとはいえ、無失点で試合を終えられたのは、千葉の守備に安定感が出てきたからだ。前から厳しくプレスをかけるところと素早く自陣でブロックを作るべきところを的確に判断して実践する一方で、プレスの連動性や球際の激しさなど『組織』と『個』でやるべきプレーでの甘さやミスが減少した。しかし、攻撃面では『組織』と『個』でレベルアップし、詰めていかなければならないことが多い。決定機をなかなかモノにできない決定力不足という課題もあるが、ボールを保持している時間のわりには、千葉が1試合の中で作っている決定機数はやはりまだ少ない。今節でもそれを感じさせられた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)