ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:粘り強い守備で群馬が得意な攻撃を封じ、交代出場した髙橋の値千金の得点で勝ちきる

鈴木大輔選手「相手のプレッシャーのかけ方みたいなところをつかんで、自分たちがどうやってボールを回していくのかというところを意識してやっています」

2021年09月23日 16:54 by akanuma_keiko
2021年09月23日 16:54 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○鈴木大輔選手: 

Q:タイムラグがあって申し訳ないのですが、J通算200試合出場を達成されました。海外でプレーする期間も長かった中での出場記録ですが、改めての感想、率直な思いをお聞かせください。

「200試合出場できたというところは自分の中ですごく嬉しいことですし、これまで関わってくださった人たち、すべての人に感謝したいなと思っています」

Q:前節(第30節)の愛媛戦は得点がオウンゴールとはいえ、しっかり勝ちきりましたし、チームとしてはクリーンシートを達成しました。大輔選手のプレーを見ていても、本当に意地を見せたクリーンシートだったと思いますが、そのあたりの守備の手応えと気持ちの部分についてはどうでしょうか。

「毎試合ピンチはありますけど、そういったところを一つひとつ修正しながら、(失点を)ゼロで抑えられたということで、チーム全体の守備は機能していたと思います。愛媛戦に関しては、相手にボールを握られる時間も長かったので、そんな中で自分たちがいい守備からショートカウンター(の攻撃の形)やボールを握り直す時間などは作れたので、内容は良かったのかなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

末吉塁選手「すごくタイトなデュエルが多くなる試合だと思います。そういったところで負けないように、1対1のデュエルのところで戦っていきたい」

尹晶煥監督「チームが今、なかなか勝てない状況の中で、後ろに下がるのではなくて、『ここでやってやろう』という気持ちが一番大事だと思う」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

新井章太選手「最近、リスク管理のところとか少し疎かになっていたイメージがあったので、そういうところを口酸っぱく言って修正はしたつもりではいるので。そこは本当に全員が共通意識を持って全員で守りたい」

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)