ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

2021年09月20日 10:22 by akanuma_keiko

対戦時は最下位だった相模原と対戦した第28節は0-1、対戦時は首位だった磐田と対戦した第29節は1-3と、連敗で今節を迎えた千葉。J1昇格の可能性がどんどん低くなってしまう中、千葉が今節で対戦したのは前節終了時点で20位と、J2残留争いの渦中にいる愛媛だった。だが、夏の移籍期間に新戦力を加えた愛媛は守備を改善し、なかなか勝ちきれない状態にはあるものの、簡単には負けないチームとなった。そして、今節の千葉は攻撃に転じても連係ミスや個人的なミス、そして愛媛の粘り強い守備もあって、なかなか決定機を作れなかった。その一方で、セカンドボールへの反応や球際の激しさを見せ、愛媛にも楽には決定機を作らせず、後半のオウンゴールによる『1点』を守りきる形で勝利。勝点3を得て連敗を止めたのは大きかったが、得点力不足という課題を改めて突き付けられた一戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)