ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】プレビュー:愛媛を上回る気迫と勝利に貪欲な姿勢でプレーし、冷静で賢い判断で勝点3を獲得したい

2021年09月18日 10:44 by akanuma_keiko

首位に立つ磐田と対戦した前節(第29節)の千葉は、磐田にボール支配率では上回られたものの、互角の戦いぶりを披露。前半の終了間際の45+1分に末吉塁の突破を止めた磐田のファウルでPKを得ると、見木友哉が思い切りよく決めて先制した。いい流れで試合を進めることができていたが、65分、磐田のロングパスを鈴木大輔はヘディングでクリアするのではなく、新井章太へのバックパスにしたようだったが、これを磐田の小川大貴に奪われて失点してしまう。どちらにとっても勝点3が欲しい一戦で、監督の選手交代策が奏功したのは磐田。84分、交代出場の2選手が絡んだサイド攻撃から、前半は千葉が厳しくマークしながらも隙を狙ってシュートを打っていたルキアンが逆転ゴールを奪う。さらに90+2分、千葉が前がかりになったところで磐田にカウンター攻撃を仕掛けられると、再びルキアンに得点されて千葉は1-3で敗れ、2連敗となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)