ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:連戦の疲労が顕著な長崎に攻守両面で上回り、第21節以来の無失点&複数得点での勝利

【千葉vs長崎】レポート:連戦の疲労が顕著な長崎に攻守両面で上回り、第21節以来の無失点&複数得点での勝利

2021年08月31日 10:58 by akanuma_keiko

東京五輪によるJ2リーグ戦の中断期間が明けてから、再開初戦の第24節・山形戦は守備の甘さが出たものの、複数のスタメンを変更した第25節・新潟戦からは守備で改善が見られた千葉。一方で、そのスタメンでは得点力不足の解消とまではいかず、前述の新潟戦はスコアレスドロー、前節(第26節・甲府戦)は1-1と、2試合連続で勝ちきることはできず、積み上げた勝点は1ずつとなった。だが、J2リーグ戦では1週間に3試合、それもすべてアウェイゲームだった長崎と対戦した今節(第27節)は、長崎が3連戦(ホームスタジアムで開催の天皇杯・4回戦を含めれば4連戦)のラストゲームで疲労の蓄積が顕著だったこともあり、千葉が攻守両面で長崎を上回る内容で2-0と勝ちきった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)