ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:連戦の疲労が顕著な長崎に攻守両面で上回り、第21節以来の無失点&複数得点での勝利

【千葉vs長崎】プレビュー:長崎のロングボールやクロスボールに対応し、アイデアと勇気のある攻撃で得点を狙う

2021年08月28日 11:28 by akanuma_keiko

J1昇格争いを演じる甲府と対戦した前節(第26節)の千葉は、1-3で敗れた第24節・山形戦の反省を生かして前からの守備を効果的に行ない、スコアレスドローとなった第25節・新潟戦と同じスタメンとなった。前線からの連動した守備は機能していたが、攻撃ではサイドから攻める意識が強すぎてペナルティエリアの中の人数が少なくなったり、ペナルティエリア内へ仕掛けてシュートを打つ場面があまり見られなかったりした。ボール保持の時間は千葉よりも劣ったものの、ペナルティエリア内への仕掛けの意識が強い甲府は、右ウイングバックの須貝英大がチャン ミンギュとの競り合いでファウルを受けてPKを獲得。26分にウィリアン リラがPKを決めて甲府が先制した。反撃を仕掛ける千葉だが、前半終了間際の櫻川ソロモンの決定機は甲府のGKの河田晃兵に阻まれ、後半の早い時間の福満隆貴の決定機も河田にセーブされる。追加点を狙う甲府の攻撃は新井章太が好守を見せるなどして対応し、90+1分、交代出場の船山貴之のCKにチャン ミンギュが頭で合わせて同点ゴールをゲット。その後に再び櫻川に決定機があったがモノにできず、1-1の引き分けに終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)