ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:守備陣の奮闘でPKの1失点に抑えるも、ゴールを奪う形の工夫を欠いた攻撃で引き分け

【甲府vs千葉】レポート:守備陣の奮闘でPKの1失点に抑えるも、ゴールを奪う形の工夫を欠いた攻撃で引き分け

2021年08月23日 10:29 by akanuma_keiko

スコアレスドローに終わった前節(第25節・新潟戦)と同様に、試合内容としては勝てるチャンスの多かった一戦だった。ただし、前節よりも今節のほうが千葉としては守備に甘さや隙があり、今節ではPKで先制を許した甲府に追加点を奪われかねない場面が複数あった。今季最多の3失点を喫した第24節・山形戦を別として、ここ最近の千葉は相手の決定機をGKの新井章太のファインセーブ、守備陣をはじめとするフィールドプレーヤーの好守で、簡単には千葉の失点にはつなげさせない守備をしてきた。それは近年、失点数の多さが目立った千葉にとって大きなプラス材料だが、一方で得点力不足という大きな課題は依然として解決できずに残ったままだ。勝てるチャンスの多かった今節で勝ちきれなかったのには、得点力不足という課題、尹晶煥監督のスタメン選考などの采配がある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)