ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:守備陣の奮闘でPKの1失点に抑えるも、ゴールを奪う形の工夫を欠いた攻撃で引き分け

新井一耀選手「自分たちが守備をやりやすいようにするというところを毎試合考えて、それをやっていければいいかなと思います」

2021年08月20日 17:44 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

〇新井一耀選手:

Q:前節(第25節)の新潟戦での守備は、(第24節の)山形戦の反省を生かしたというか、課題が修正されていて、プレスに行くところ、球際の部分、そして後ろにそんなに重くならずにというところがしっかり表現できていたと思います。DFの目線から新潟戦の守備をどのように感じられているでしょうか。

「山形戦ではちょっと後ろに重くなって引きすぎちゃったというのがあったので、そこを後ろで(鈴木)大輔くん、(チャン)ミンギュとかと話して、(ディフェンス)ラインをちょっと高く上げられる時は上げようということで、なるべくラインを高く上げた中で前(の選手)をどんどん押し出して前からプレスをかけるというところがうまくハマったし、たぶんみんなが前向きにボールに対して守備ができたので。球際も強く行くことができたし、そこはすごく良かったかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「本当に目の前にある試合に勝ちたい気持ちと、(東京Vに)長く勝てていないので、今回そのジンクスを変えていかないといけない」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

新井章太選手「(相手にボールを)持たれる時間があったとしても、ここ最近は本当に素晴らしい守備ができているので、守備から攻撃につなげる形をみんなで同じ意識を持っていきたい」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

熊谷アンドリュー選手「きつい時もいい時も本当に全員でサッカーをやっているなという感じがしますね。チームがいい方向に向いているのかなと」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)