ジェフ便り

【秋田vs千葉】レポート:秋田対策の守備は奏功するもFKで失点し、決定機とCKのチャンスを生かせず引き分け

【秋田vs千葉】レポート:秋田対策の守備は奏功するもFKで失点し、決定機とCKのチャンスを生かせず引き分け

2021年07月13日 11:40 by akanuma_keiko

後半は予想外の大雨による難しいピッチコンディションに苦しめられたものの、攻撃も守備も手応えのある内容だっただけに、千葉にとっては悔やまれる引き分け試合となった。秋田のストロングポイントであるロングボールの攻撃に対しては、ロングボールにしっかりと競り合い、セカンドボールはポジショニングを工夫して回収。攻撃では尹晶煥監督の狙いどおり、サウダーニャが中盤に引いた時に、2シャドーの見木友哉と矢田旭が飛び出してチャンスを作る場面があった。だが、ロングボールとともに警戒していたセットプレーで失点し、秋田が1回だけだったのに対して少なくとも3回はあった決定機のうちの1つしか決められなかった。特にCKは試合を通して11本あったにもかかわらず、ゴールに結びつけることができなかった。試合内容は良くても勝ちきれないという勝負弱さが出た一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「結果は負けてしまいましたけど、自信を持っていいと思います」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)