ジェフ便り

【秋田vs千葉】レポート:秋田対策の守備は奏功するもFKで失点し、決定機とCKのチャンスを生かせず引き分け

【秋田vs千葉】プレビュー:ロングボールとクロスボールの攻撃に対応し、ディフェンスラインの裏を突く得点を狙う

2021年07月14日 14:07 by akanuma_keiko

 

第20節・北九州戦はスコアレスドローに終わり、連敗を2で止めた千葉だったが、3試合連続無得点と決定力不足が続いた。だが、群馬と対戦した第21節では、37分、新井章太が蹴ったFKを小田逸稀がヘディングでゴール前へ送ると、群馬のDFとGKが連係ミスで処理を誤ったのを見逃さずに船山貴之が先制点を奪取。さらに、58分には群馬のDFの間でのパス回しのミスを突いたサウダーニャがボールを奪い、自分もシュートチャンスはあったもののフリーな状態の船山にパスを出すと、船山が追加点を奪った。その船山が78分、群馬の大前元紀のファウルを受けたあとの行為が、大坪博和主審に『乱暴な行為』と判定されて退場処分になるアクシデントがあり、群馬に決定的なシュートを打たれた場面もあったが、試合はそのまま2-0で終了。千葉はJ2リーグ戦の前半戦の最後の試合となる前節の終了時点での戦績が7勝7分7敗で10位となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)