ジェフ便り

【千葉vs群馬】レポート:群馬のミスを生かして船山が2ゴールを奪い、粘り強く守って第16節以来の無失点勝利

【千葉vs群馬】プレビュー:セットプレーやサイドの攻防がポイントだが、相性の悪い群馬に勝つには意外性も必要

2021年07月03日 12:33 by akanuma_keiko

3試合連続無得点で3連敗中の北九州に、2試合連続無得点で連敗中の状況で対戦した前節(第20節)の千葉。序盤からボールを保持して主導権を握り、北九州の4本に対して3倍以上となる14本ものシュートを放ったが、決定機は5回に満たなかった。岡野洵のロングスローも含めてセットプレーの回数も多かったものの、ゴール前に入れるボールの精度やシュートの精度を欠いて決定力不足を露呈。試合の終盤には交代出場した北九州の仮土名禅に2度の決定機を作られたが、仮土名の決定力不足にも助けられ、J2リーグ戦では第16節・大宮戦以来の無失点で試合を終えた。その一方で、3試合連続無得点となって結果はスコアレスドロー。順位を大きく上げられず、前節終了時点で12位となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)