ジェフ便り

【磐田vs千葉】レポート:優位だった前半に得点できずにミスで先制点を奪われ、2試合連続ノーゴールで敗れる

【磐田vs千葉】レポート:優位だった前半に得点できずにミスで先制点を奪われ、2試合連続ノーゴールで敗れる

2021年06月21日 19:18 by akanuma_keiko

J1昇格争いに加わっていくためには、連敗を避けるとともに、前節(第18節)終了時点で2位の磐田に勝ち、上位チームとの勝点差を詰めたかった今節。だが、前線からの連動したプレスは前節の東京V戦から改善が見られ、優位に試合を進めながらも、前半の終了直前に千葉の守備のミス絡みで磐田に与えてしまったワンチャンスから先制点を奪われた。千葉は試合を通して磐田の8本を上回る12本のシュートを放ち、決定機数でも磐田を上回ったが、その決定機をモノにできずに2試合連続無得点。公式戦7試合負けなしで見えてきた上位追走の勢いは、連敗でストップしてしまった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)