ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

2021年06月14日 10:33 by akanuma_keiko

〇鈴木大輔選手:

Q:試合全体を振り返って、どのような試合になったのか、感想をお願いいたします。

「ヴェルディはボールを大事にするということを一貫してやってきているチームで、後ろからしっかりボールを握ってくるというところに対して、自分たちが前からプレッシャーをかけに行く時と、逆に引き込んで、サウダーニャを相手のボランチに(マークに)つかせて、相手のセンターバックになるべく(ボールを)持たせる守備を心がけてやりました。前半、(相手の)ワンチャンスというか、一瞬の隙を突かれて失点したところで、ゲームがちょっと難しくなってしまったというのがありますけど、後半の立ち上がりは自分たちの時間を作りながらも点を奪うことがなかなかできずというところで、ズルズルいってしまったかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「結果は負けてしまいましたけど、自信を持っていいと思います」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)