ジェフ便り

【千葉vs山形】船山貴之選手「決して内容がいいとは言い切れないので。そこも含めて、もっと伸びるチームでありたいなと思います」

【千葉vs山形】プレビュー:3連勝の山形の多彩な得点パターンに対応し、サイドと中央を賢く使い分けて得点を狙う

2021年06月06日 09:43 by akanuma_keiko

前節(第16節)の千葉は、岩瀬健前監督から佐々木則夫代行監督に指揮官が代わったばかりの大宮と対戦。大宮は攻守ともに『前へ』の意識を強めた大宮は、ハイプレスの守備を見せた。だが、その中でもスローインや鈴木大輔のロングパスから、サウダーニャが個人技で突破を見せてシュートに持ちこむ。そして40分、チャン ミンギュのロングパスを船山貴之が収め、船山のパスを受けた岡野洵のクロスボールから、見木友哉が先制点をゲットした。一方、大宮は千葉のファウルで得たFK、そしてCKからゴールを狙い、51分には岡野にプレッシャーをかけてのボール奪取から黒川淳史が決定機を迎えるが、シュートの精度不足でノーゴール。その直後の52分、千葉はGKの新井章太のロングフィードからサウダーニャと見木の巧みな連係もあって、サウダーニャが追加点を奪う。その後は反撃する大宮が攻めこむものの、75分のネルミン ハスキッチの決定機は新井章がファインセーブで千葉の失点を阻止。千葉は2-0と第12節・山口戦以来の無失点勝利を収めた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)