ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:ハイプレス対策のロングパスを起点に2得点し、最後のところで体を張って無失点勝利

【大宮vs千葉】プレビュー:監督交代で生じる大宮の変化に柔軟に対応し、気持ちで負けずに勝ちきる試合を目指す

2021年05月29日 11:16 by akanuma_keiko

琉球の無敗を止めたうえに、第14節では新潟の無配を止めた町田と対戦した前節(第15節)の千葉。スタメンでの今季初出場となった田口泰士が、持ち前の読みのうまさと球際の強さを生かした守備、縦パスを意識した高精度のパスやプレースキックを披露。町田が千葉のディフェンスラインの背後を狙うロングパス、ディフェンスラインからのビルドアップと多彩な攻撃を仕掛けるのに粘り強く対応していたが、17分に今季初スタメンのドゥドゥにヘディングシュートを決められて失点した。しかし、42分、中央を突いた攻撃で町田がクリアしたあとのこぼれ球を拾った米倉恒貴が、クロスボールをペナルティエリアに上げると、スペースを見つけて飛び込んだ見木友哉が頭で合わせて同点。後半の入りは千葉がペースをつかんだが、62分に米倉が負傷交代してしまう。千葉はサウダーニャがクロスボールからヘディングシュートを2回放つなど、決定機があったものの決めきれず、町田は決定機で千葉の新井章太のスーパーセーブに阻まれ、1-1の引き分けで終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)