ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

船山貴之選手「もっと(攻撃の)形というのをしっかりしていきたい」

2021年05月07日 18:09 by akanuma_keiko

●船山貴之選手:

Q:前節(第12節)の山口戦は、連敗を止めるためにも内容より結果という部分がすごく大事だったと思います。改めて、山口戦に勝った、その意味を試合を振り返りながら教えていただけますか。

「意味というのは、連敗していましたし、俺が(スタメンに)入ったからって試合の流れはそんなに変わっていないかなというふうには思います。決められる時に決められたというだけであって、今までは決められる時に決める能力というか、そういうものがちょっと欠けている部分があったのかなと思いますけど。自分が入って、たまたま(シュートを)決められただけであって、まだ1試合だけなので何とも言えないですけど」

Q:ただ、船山選手が点を取ると、チームがノッていくようなイメージというか印象もあるのですが、個人としてもこのゴールというのは大きかったのではないかと察しているのですが、どうでしょうか。

「まあ、そうですね。今年はなかなか出場機会に恵まれていないので、そういう時はやっぱり結果を出すしかないので、この『1点』は大きいと思いますけど、さっき言ったように1点で終わるのか、このまま続けていけるのかというので、大きく変わってくるのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)