ジェフ便り

【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

【山口vs千葉】プレビュー:調子を上げてきた山口の攻撃の芽を摘み、速攻と遅攻を使い分けてゴールを奪いきりたい

2021年05月05日 11:31 by akanuma_keiko

 

開幕から9勝1分と負けなしで首位に立つ新潟と対戦した前節(第11節)の千葉は、アンカーシステムでの3-1-4-2のフォーメーションで臨んだが、ピッチの横幅いっぱいまでうまく使う新潟にプレスをかわされ、アンカーの小林祐介の両脇のスペースを突かれて攻められた。開始早々の5分には、CKからゾーン守備ならではの千葉の選手と選手の間の空間に入りこまれ、新潟の谷口海斗にヘディングシュートを決められて失点。15分頃からダブルボランチの3-2-2-3のフォーメーションに変更し、プレスをかける際の役割を明確にして修正を図った。その効果もあって千葉が攻める時間が増えたものの、決定機を作るまでには至らない。後半には小田逸希のクロスボールから櫻川ソロモンのシュートという決定機をようやく作ったが、新潟のGKの阿部航斗のセーブに阻まれる。すると63分、新潟の本間至恩のドリブル突破、谷口の意表を突くコースのシュートと、うまくカウンター攻撃のチャンスをモノにされてしまう。千葉はブワニカ啓太、そして初のベンチ入りでJデビューとなったサウダーニャを交代出場させてゴールを狙ったが、最後まで得点できずに0-2の敗戦。2試合連続無得点での連敗となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)