ジェフ便り

【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

尹晶煥監督「(新潟戦は)すごく必死で90分諦めずにやっていたと思います。そこは継続してやらないといけない」

2021年05月05日 10:09 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○尹晶煥監督

Q:(前節の第11節)新潟戦は結果(0-2の敗戦)として悔しかったのですが、見ていて単純にすごくおもしろいゲームだった気がしました。首位のチームという意味での新潟との現時点で感じた差とか、その逆に手応えというのはどのあたりにあったでしょうか。

「感じているのは、(新潟は)落ち着き、個人、個人のボールを持っている(時の)能力。選手1人のドリブルとかパスの能力、判断のところの差が、他のチームと比べたら少しあるのかなという感じですね。やっぱり試合をしながらいろいろなことが勉強になっていくと思いますけど、試合をこなしながら(ボールを)止めるべきなのか、(パスは)ワンタッチするべきなのか、そういう判断を選手一人ひとりがもっと成長しないといけないなという感じがあります」

Q:ただ、戦えたところも十分にあったと思うのですが、そのあたりのチームとしての手応え、やれた部分はどこに感じるでしょうか。

「うーん、まあ、やっていないわけではないし、すごく必死で90分諦めずにやっていたと思います。そこは継続してやらないといけないと思います。その中で結果を持ってくることが今、できていないので、そういうところで選手たちもやっぱりちょっと落ち込むんじゃないかなという気がしましたけど、今日も練習を見ていたらけっこう明るくやってくれていたので、また次の試合でしっかり戦う姿勢にはなっていると思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やっぱり守備が堅くなったぶん、攻撃もスムーズに行けるようになったところもある」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

小田逸稀選手「もっとアシストもしたいし、得点にも絡んでいきたい」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)