ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

2021年05月06日 20:05 by akanuma_keiko

千葉にとって攻守ともに悔いが残る敗戦となった。もちろん敗戦は悔いが残るものには違いない。だが、新潟との力関係や両チームの特徴を考えれば、千葉は先制してこそ勝利の可能性が高まるのに、5分と早い時間に警戒していたはずのセットプレーでキーマンの谷口海斗に決められて失点。そして、攻撃面では、試合全体でも新潟の9本を上回る11本、猛攻を仕掛けた後半だけで9本のシュートを打ちながらも無得点に終わった。それには、ここぞというところで決めきるための注力の仕方やシュートの精度の問題もあるが、いかに相手の想定内ではなく意表を突くようなフィニッシュに持ちこめるかという問題もある。フィニッシュに関わる部分での選手の技術やアイデアがどうなのか。千葉の得点力不足には、そういった『個』のレベルという要因もあるだろう。だが、選手の連動性や連係、特にここぞというところでの選手の動き方やスピードなどが、いつまで経ってもなかなか改善されないのを見ると、尹晶煥監督はじめコーチングスタッフが日頃からどのように指導し、どんなふうにトレーニングをしているのか気になる敗戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)