ジェフ便り

【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【新潟vs千葉】プレビュー:新潟のパスワークやドリブル突破を潰し、カウンターとセットプレーの好機を生かしたい

2021年05月01日 07:49 by akanuma_keiko

今季、J3から昇格した相模原と対戦した前節(第10節)の千葉は、前半から3バックの鈴木大輔と岡野洵がボールを持ち上がるなどビルドアップに参加し、ボールを保持して攻める時間が長かった。だが、相模原の三浦文丈監督は、千葉に敢えてそういったビルドアップをさせて、センターバックの選手が上がったあとのスペースを突くカウンター攻撃を狙っていた。千葉は前からのプレスで相模原に思うようにはフィニッシュに持ちこませなかったが、その一方で千葉もまた相模原の粘り強い守備もあって決定機をなかなか作れない。後半開始から大槻周平に代えて櫻川ソロモン、福満隆貴に代えて船山貴之を入れ、攻勢を強めるものの、先制点を奪ったのは相模原だった。ロングスローから千葉のクリアミスがある中、新井章太に2本の決定的なシュートをセーブされたが、3本目のシュートを決めてゴール。反撃する千葉は後半だけで10本のシュートを放ったが、後半だけで8回あったCKに加えて、交代出場のブワニカ啓太のロングスローというセットプレーのチャンスをモノにできない。結局、0-1で敗れて今季初の連勝とはならなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)