ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

2021年04月23日 15:20 by akanuma_keiko

守備では成果を出しつつあるものの、得点力、それも決定機を複数作りながらもモノにできない決定力不足が課題の千葉にとって、ようやくといった勝利だった。チームを勝利に導くゴールを奪ったのは交代出場の櫻川ソロモンで、今節で決定力不足の課題が解消したとはいえない。だが、どちらかといえば、自分の信条とするものを貫き、それに選手を当てはめる傾向があった尹晶煥監督は、今節で変化を見せた。これまでの尹監督は、相手に対応する戦い方を選択するよりも自分たちが目指す戦い方を貫き、4-4-2のフォーメーションに固執する傾向があった。だが、米倉恒貴や小田逸稀などの特長を生かせるとして、栃木のハイボール多用の攻撃と矢野貴章のマークへの対応で採用した3バックを今節でも採用。さらに、攻守への効果を考えて、今節では小林祐介を起用したアンカーシステムで臨んだ。4-4-2による3ラインで相手の攻撃を受け止める守備ではなく、アグレッシブにボールを奪いに行く守備は、3試合連続無失点という形で結果を出した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)