ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

2021年04月22日 22:21 by akanuma_keiko

●小林祐介選手:

Q:全体を振り返ってひと言お願いできますか。

「本当に勝てたことが何よりです。すごく嬉しいです」

Q:チームとしては、守備はしっかりできていたと思うのですが、攻撃はチャンスを生かしきれていないかなと感じたのですが、いかがですか。

「そうですね。前半に何度かチャンスがありましたし、そこで決めきれていたらもっと楽な展開にはなったと思います。でも、ああやって、最後はチーム全体で『絶対に勝つんだ』という気持ちで、ソロ(櫻川ソロモン)が決めてくれたので。結果が何より大事だったので、勝ててすごく嬉しいです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)