ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

尹晶煥監督「(昨シーズン)ホームであれだけやられたので、今年は何とか借りを返したいという気持ちはありますね」

2021年04月21日 07:43 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:

Q:まずは(前節の)栃木戦のことなのですが、尹監督が就任されてから、今までは相手に合わせて自分たちの形を変えるということはあまりしてこなかったと思うのですが、栃木戦はホームで勝っていないということもあったし、勝つための選択として3バックを選択して臨んだ試合だったと思います。試合が終わってから、たぶん改めて試合を映像でチェックされた中で、新たに何か気づいたことがあれば教えていただけますか。

「選手の良いところ、例えば両サイドのヨネ(米倉恒貴)とか(小田)逸稀のパワフルなスピードや運動量、攻撃に参加しているのを見ていたら、4バックより3バックにして、あの2人をうまく生かしたほうが良いところを出せるんじゃないかなという考えもありました。中盤も今、2人にしていますけど、例えば3枚にしたらもっとうまく(ボールが)つながることもあるし、5枚にしたことで守備のところがもっと強くなっているところもあるので、いろいろ考えさせてくれた試合でした。 ただ、攻撃のほうが、ストライカーらしいストライカーがまだいないというよりも、まだそこまで思いっきりやってくれる選手が出てきていないので、そこが心配なところだと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「本当に目の前にある試合に勝ちたい気持ちと、(東京Vに)長く勝てていないので、今回そのジンクスを変えていかないといけない」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

新井章太選手「(相手にボールを)持たれる時間があったとしても、ここ最近は本当に素晴らしい守備ができているので、守備から攻撃につなげる形をみんなで同じ意識を持っていきたい」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

熊谷アンドリュー選手「きつい時もいい時も本当に全員でサッカーをやっているなという感じがしますね。チームがいい方向に向いているのかなと」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)