ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

小林祐介選手「攻撃のところでもう少しバリエーションというか一人ひとりのアイデアでイメージを共有できたら、もっともっといい試合ができると思う」

2021年04月20日 11:13 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

●小林祐介選手:

Q:今季は交代出場で5試合出場ということですが、ここまでのご自身の手応えや課題を教えてください。

「僕自身、途中出場では勝っている状況で(ピッチに)入ることが多くて、役割としてはそのまま最後まで失点せずに試合を勝利で終えるということで入っているので、そういう中では自分の役割はしっかり果たせているかなと思います。でも、その中でチームが負けている時に(ピッチに)入った時には、自分がチームが追いついて逆転というところまで持っていけるようなプレーを、もう少し増やしていかないといけないなという思いは持っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)