ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

岩崎悠人選手「(水戸の)サイドバックの背後が空いてくるのかなと思っているので、そこにランニングしてサイドで起点を作っていければいいかなと思っています」

2021年04月20日 11:14 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

 ●岩崎悠人選手:


Q:今節で対戦する水戸は今季、4-3-3のフォーメーションで攻撃的なチームだと思います。岩崎選手から見た水戸の印象、そして特に攻撃面でどんなことをやっていきたいのかを教えてください。

「水戸の印象としては、今、おっしゃったとおりに攻撃的なチームだなと思いますし、フォーメーションからもそういった印象を受けます。自分が攻撃で何をするかというところでは、(水戸の)サイドバックの背後が空いてくるのかなと思っているので、そこにランニングしてサイドで起点を作っていければいいかなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「本当に目の前にある試合に勝ちたい気持ちと、(東京Vに)長く勝てていないので、今回そのジンクスを変えていかないといけない」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

新井章太選手「(相手にボールを)持たれる時間があったとしても、ここ最近は本当に素晴らしい守備ができているので、守備から攻撃につなげる形をみんなで同じ意識を持っていきたい」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

熊谷アンドリュー選手「きつい時もいい時も本当に全員でサッカーをやっているなという感じがしますね。チームがいい方向に向いているのかなと」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)