ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

岩崎悠人選手「(水戸の)サイドバックの背後が空いてくるのかなと思っているので、そこにランニングしてサイドで起点を作っていければいいかなと思っています」

2021年04月20日 11:14 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

 ●岩崎悠人選手:


Q:今節で対戦する水戸は今季、4-3-3のフォーメーションで攻撃的なチームだと思います。岩崎選手から見た水戸の印象、そして特に攻撃面でどんなことをやっていきたいのかを教えてください。

「水戸の印象としては、今、おっしゃったとおりに攻撃的なチームだなと思いますし、フォーメーションからもそういった印象を受けます。自分が攻撃で何をするかというところでは、(水戸の)サイドバックの背後が空いてくるのかなと思っているので、そこにランニングしてサイドで起点を作っていければいいかなと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

新井章太選手「GKの仕事は(シュートを)止めるだけではなくて相手の攻撃を終わらせるのが一番なので、次も心がけたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

船山貴之選手「もっと(攻撃の)形というのをしっかりしていきたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)