ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

【千葉vs栃木】プレビュー:攻守で球際にこだわって粘り強く戦い、プレスを技術とアイデアでかわして得点を狙う

2021年04月17日 07:33 by akanuma_keiko

金沢と対戦した前節の千葉は、立ち上がりから福満隆貴、見木友哉が決定的なシュートを放つなど、ペースをつかんで試合を進めた。26分の飲水タイム直後には金沢に決定機を作られたが、新井章太のセーブもあって失点を阻止。その後の前半は金沢が攻めこむ時間帯が続いたが、球際で粘り強くプレーして後半を迎えた。後半の立ち上がりは金沢が攻勢を強めたが、前からプレスを仕掛ける千葉の我慢強い守備、金沢のラストパスやシュートの精度不足もあり、金沢はなかなかゴールを奪えない。すると、59分、千葉はCKを得ると、見木が蹴ったボールに小田逸希が頭で合わせて先制ゴールを奪取。その後も金沢が攻める時間が長い中、千葉は追加点を奪えなかったものの、無失点で守りきって1-0の勝利を収め、連敗を2で止めた。決定力不足の課題は残ったが、守備で結果を出した一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)