ジェフ便り

【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

2021年04月13日 19:19 by akanuma_keiko

今節に向けての4月9日のオンラインでの囲み取材で、鈴木大輔は「内容を積み上げられてきている」「自信を持って守りたい」と話していたが、その積み上げを発揮してつかみ取った無失点での勝点3だった。ただ、シュート練習に多く取り組んでいながら、奪ったゴールは見木友哉のCKから小田逸希がヘディングシュートで決めたもので、流れの中からのゴールは生まれなかった。もちろん流れの中からでもセットプレーからでもゴールに違いはないし、そのゴールが『1点』であることにも違いはない。流れの中から得点できない時にセットプレーで得点できるのは強みだし、小田のゴールは練習を積み重ねた成果でもある。だが、勝って連敗を止めたことはチームにとっても、選手個々にとっても大きいことだが、『決定力』という課題が解消できていないことは事実として捉えるべきだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)