ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:シュート25本でわずか1点の決定力不足に加え、指揮官の采配と守備のミスで逆転負け

見木友哉選手「シュートまで行けるシーンは多かったけど1点しか取れていない。決定機でもっと決めなきゃいけない」

2021年03月28日 17:55 by akanuma_keiko

Q:今日はチームとしては試合の入りがすごく良くて、全員が前への意識、シュートの意識が高かったと思いますし、守備の時はしっかりブロックを組むことができていたと思います。改めて今日の試合全体の振り返りと、どのような狙いを持って試合に入ったのか教えてください。

「言われたとおりに立ち上がりは前から行けて、(相手を)押し込めてシュートまで行けていました。個人的に琉球(の試合映像)を見て思ったのは、そこまで守備が固いというよりはけっこう緩いなということで、(実際に試合で)やってみてもそのイメージどおりでした。そういうこともあってシュートまで行けるシーンも多かったんですけど、1点しか取れていないので。決定機はありましたけど、そういったところでもっと決めなきゃいけないのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】プレビュー:水戸のパスワークを連動したプレスで防ぎ、ミスを恐れずにパスをつないでゴールを狙う

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)