ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:シュート25本でわずか1点の決定力不足に加え、指揮官の采配と守備のミスで逆転負け

【千葉vs琉球】プレビュー:琉球のパスワークを粘り強い守備で封じ、中央とサイドを効果的に使ってゴールを狙う

2021年03月27日 08:50 by akanuma_keiko

2分1敗で3分の松本と対戦した前節(第4節)の千葉。前半に髙橋壱晟が取った『1点』を、後半の半ば過ぎに5バックに変更して守りきる形で今季初勝利を獲得した。ディフェンスラインは4人のうち、右サイドバックが伊東幸敏、左サイドバックが小田逸稀、センターバックの1人が新井一耀と、3人が今季初出場のメンバーだった。だが、鈴木大輔の声かけもあり、特にチャン ミンギュが5バックの中央に入ったあとは、松本の攻撃がクロスボールなどハイボール多用で揺さぶりが少なかったこともあって、危なげなく今季初の無失点試合となった。一方、攻撃面では左サイドハーフに入った岩崎悠人の積極果敢な仕掛けが1つのポイントになったが、ペナルティエリアに入るところやフィニッシュに持ちこむところでの崩しのアイデア、パスやシュートの精度を欠いた感があった。攻守ともに課題が残った勝利ではあったが、それでも今季初勝利で自信を得たことは大きい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小林祐介選手「自分があまり動きすぎずに真ん中でどっしり構えつつ、3バックのサポートをしながら、常にワンタッチ、ツータッチで縦パスを狙っていました」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

【水戸vs千葉】プレビュー:水戸のパスワークを連動したプレスで防ぎ、ミスを恐れずにパスをつないでゴールを狙う

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)