ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:シュート25本でわずか1点の決定力不足に加え、指揮官の采配と守備のミスで逆転負け

新井一耀選手「先に失点したら厳しいと思うので、逆にこっちが高い位置でボールを奪ってそのままカウンター攻撃で点が取れるくらいの勢いを持って試合に臨みたい」

2021年03月26日 17:59 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

●新井一耀選手:

Q:新型コロナウイルスの影響でトレーニングの取材に行けないので、これは推測になるのですが、前節に初出場と少し出遅れたのはやはり怪我もあったことでのコンディション調整の問題だったかと思います。前節(第4節・松本戦)ではしっかりと90分間戦っていましたが、今のコンディションはいかがですか。

「シーズンが始動して早めに怪我で離脱して、沖縄キャンプでもトレーニングができなくてという感じでけっこう長引いていたので。コンディションを上げることに時間を割かなければならなかったので、そこはしっかりとやってトレーニングゲームも2試合くらいやって90分できると分かったから、いつでも試合に出たらやれるような準備をして試合に臨みました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「(昨シーズン)ホームであれだけやられたので、今年は何とか借りを返したいという気持ちはありますね」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

小林祐介選手「攻撃のところでもう少しバリエーションというか一人ひとりのアイデアでイメージを共有できたら、もっともっといい試合ができると思う」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

岩崎悠人選手「(水戸の)サイドバックの背後が空いてくるのかなと思っているので、そこにランニングしてサイドで起点を作っていければいいかなと思っています」

【水戸vs千葉】櫻川ソロモン選手「本当にチームとして勝ちたかったですし、自分のゴールで勝利を勝ち取れたことは本当に良かったなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)