ジェフ便り

【松本vs千葉】レポート:分析を生かした狙いの形で先制点を奪い、5バックで『1点』を守りきって今季初勝利

【松本vs千葉】レポート:分析を生かした狙いの形で先制点を奪い、5バックで『1点』を守りきって今季初勝利

2021年03月24日 16:04 by akanuma_keiko

※筆者の体調不良でレポートの掲載が大幅に遅れてしまったことをお詫びいたします。

昨季は開幕戦で1-0の勝利を収めてシーズン初勝利を獲得した千葉は、今季では第4節で1-0の勝利を収めてシーズン初勝利を獲得した。事情や状況、細かい時間は少し違うものの、前半の早めの時間に先制点を奪い、後半の早めの時間に5バックに変更して、『1点』を守りきっての勝利。昨季からのレベルアップを目指し、『攻撃的な守備』に取り組む一方で、攻撃のバリエーションを増やしているところから、昨季とはまた違った形のシーズン初勝利を見たかったとも思うが、勝点3であることには変わらない。そして、今節の『1点』は対戦相手の松本を分析したうえで狙った得点の形でのものだった。5バックへの変更にしても、昨季の開幕戦は新井一耀の負傷による選手交代というきっかけがあってのものだったが、今節はあくまでも戦況と選手の状況を考えての戦術重視の采配だった。それを考えれば、昨季のシーズン初勝利と今季のシーズン初勝利とでは、チームとして見た時に多少なりともレベルアップが見られるといえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)