ジェフ便り

【松本vs千葉】レポート:分析を生かした狙いの形で先制点を奪い、5バックで『1点』を守りきって今季初勝利

【松本vs千葉】プレビュー:今季未勝利チーム同士の対戦で勝利を得る鍵は、冷静な状況判断とタフに戦える心身両面

2021年03月21日 08:49 by akanuma_keiko

前節(第3節)では、J2初参戦ながらもすでに第2節・栃木戦で初勝利を挙げていた秋田に0-2の敗戦となった千葉。4分と早い時間に、自陣の左サイドで警戒していたはずの秋田の右サイドの縦のコンビの鈴木準弥と沖野将基が絡んだ連係での突破を許し、マイナス方向のファーサイドにクロスボールを入れられるのを止められなかった。さらに、そのクロスボールをクリアできず、フリーでゴール前に入ってきた茂平にシュートを決められて失点。さらに、17分にも再び自陣の右サイドを突破され、似たような形でクロスボールを入れられた。今度はまず米倉恒貴、次に小島秀仁がクリアしようとしたが、最終的には小島のクリアボールのこぼれ球を拾った輪笠祐士に得点されてしまう。ペナルティエリアに守備の人数は多くいたものの、ボールサイドに寄っていたわりにはクロスボールに対する守備がお粗末だったし、ファーサイドのケアもできていなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)