ジェフ便り

【千葉vs秋田】レポート:狙いの中央を崩す攻撃でも秋田の堅守は崩せず、ゴール前の守備の甘さで連続失点の敗戦

【千葉vs秋田】プレビュー:J2初勝利で勢いのある秋田の堅守をチャレンジで破り、球際で勝って無失点を目指す

2021年03月14日 10:27 by akanuma_keiko

甲府と対戦した開幕戦は、高卒ルーキーのブワニカ啓太のJデビュー戦での初ゴールで追いつき、1-1の引き分けとなった千葉。前節(第2節)は、前半には開幕戦で見られた課題の1つだった相手のサイドチェンジのパスへの対応で改善が見られた。さらに、11分にはCKを愛媛にクリアされてからの流れで、小島秀仁のクロスボールに鈴木大輔が頭で合わせて先制弾をゲット。幸先のいい立ち上がりとなったが、愛媛が味方を1人飛ばした位置にいる味方にパスを出すなど、千葉のプレスをかわす工夫をして千葉ゴールに迫ってきた。すると36分、愛媛が前線にロングパスを入れ、愛媛の小暮大器が頭で折り返す形になったボールを、千葉は小島が対応。シンプルにクリアすればよかったが、マイボールにする処理を狙ったところで愛媛の川村拓夢に奪われてしまう。そこに愛媛の近藤貴司が絡んだことで千葉は守備が後手になった感があり、川村に同点ゴールをゲットされてしまった。後半は互いに選手交代を行ない、勝利を目指しての攻守を展開したが、千葉は決定機をなかなか作れない。愛媛の決定機はシュートの精度不足でノーゴールとなり、千葉は開幕戦とは逆に相手に追いつかれた形で引き分けとなり、2試合連続の引き分けだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)