ジェフ便り

【千葉vs秋田】レポート:狙いの中央を崩す攻撃でも秋田の堅守は崩せず、ゴール前の守備の甘さで連続失点の敗戦

小島秀仁選手「どれだけ我慢強く戦えるかがポイントになってくるかなと思います」

2021年03月13日 08:42 by akanuma_keiko

写真=2019年11月21日撮影

●小島秀仁選手:

Q:(前節・第2節の)愛媛戦ですが、開幕戦(甲府戦)の時と比べると、ボランチ、特に小島選手の攻撃へのサポート回数が増えたように感じていて、(鈴木大輔選手の得点への)素晴らしいアシストもありました。チームも敵陣の深い位置まで侵入する回数も増えたと思いますが、そういったいい面が発揮できた要因を挙げていただきたいのですが。

「開幕戦の甲府戦映像をみんなで見返して、チャレンジのパスというのがやっぱり少なかったので。そのぶん、今度はどんどんゴール前にチャレンジしていこうという形をみんなで共有できたので、ああいう形として出たのは良かったと思います」

Q:甲府と愛媛は違うチームなので、もちろんそういったところもあると思いますが、愛媛戦の前半はすごくアグレッシブな姿勢がすごく見られました。やはりそこはチームとしてもう少し上げていきたいというような認識はあったのですか。

「そうですね。あれはベースとしてならなきゃいけない部分ですし、あとはサイドからの単調な攻撃だけで終わってしまっていたので、もっとバリエーションを増やしてやれればよかったかなとは思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

新井章太選手「GKの仕事は(シュートを)止めるだけではなくて相手の攻撃を終わらせるのが一番なので、次も心がけたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

船山貴之選手「もっと(攻撃の)形というのをしっかりしていきたい」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)