ジェフ便り

【千葉vs甲府】レポート:攻守両面で昨季からの課題が残った内容ながらも何とか勝点1をもぎ取った開幕戦

尹晶煥監督「今の状況は、選手たちもけっこう良いコンディションでやってきたので、すごく期待はしています」

2021年02月28日 08:16 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○尹晶煥監督

Q:明日、コロナ禍の中で千葉は(J2の)リーグ開幕を迎えます。通常の質問の前に、まず監督の心境も含めて、応援してくださるファン、サポーターへのメッセージをお願いします。

「いよいよ2021年シーズンが始まります。選手もいろいろと入れ替わった中で、1カ月半くらい準備してきました。できればホームでの勝利を届けたいなと思うので、応援よろしくお願いします」

Q:沖縄キャンプが終わって、ユナパでも調整してきてというところで、監督の求めている攻撃のバリエーションのところと、前から行くところと行かないところというメリハリのある攻撃的な守備について、ここまでの手応え、仕上がりについてどのように感じていらっしゃいますか。

「何試合かトレーニングゲームをやってきて、徐々に選手たちも分かってきたところもあります。でも、やっぱりシーズンに入ってみないと分からないところもあります。今の状況は、選手たちもけっこう良いコンディションでやってきたので、すごく期待はしています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)